Body & Soul
ヨガ、素潜り、フリーダイビング、スィム、ボディワーク、そしてちょっぴりアートな毎日。
202103<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202105
チャンスの前髪
9月にギリシャで行なわれる、フリーダイビング海種目の世界選手権の代表が決まりましたね。
今回も日本からは大勢の選手がエントリーします。
ワイルドカードと言って、前年の世界ランキングが10位以内の選手は、シード権のように無条件に出場権が与えられると言うものがあります。
それ以外にさらに各種目3人の出場枠がありますから、大勢の選手を出せると言うことは、それだけ日本がフリーダイビングの強豪国になっていると言う証しですね。素晴らしい!

私は2007年にプールの世界選手権の代表に選んでいただきました。
その時は上位の有力選手が何人か出場を辞退し、たなぼた的な代表でしたが、それでも世界選手権という晴れの大舞台で泳ぐと言う事は、何にも換え難い素晴らしい経験をもたらしてくれました。
あれがなかったら、今の自分は他の自分だったかもと、大げさではなく思えるようなそんな大きな出来事だったんです。

今回、代表の選考が始まった時、フリーイマージョン(海底に向かって下ろされたガイドロープを伝って潜水する競技。フィンは履きません)の3番目に入っているのを知り、とてもびっくりしたのを憶えています。
なんせ、おととしの記録会での数字でしたから。
でも同時に、「記録は作っておくもんだなぁ」とも思いました。

しかし残念ながら、今年は公私にわたり色んな意味で余裕がなく、出場を辞退させていただきました。
自分は、海の大会でも代表になるのが夢でしたので、本当に残念でした。

でも、この枠に残った事自体、7月の3連休に行なわれるはずだった沖縄の大会が台風で中止になったため、そこで作られるはずだった他の選手の記録がなくなったからなのですけれど。
まぁ、これも2007年に引き続きたなぼたですね。

でもたなぼたはイコール、チャンスだと思うのです。
そしてチャンスを引き寄せるのも一つの実力ですね。えっと、これは自慢しているわけじゃないですよ。
今回、そのチャンスを生かさなかった自分に、「ふたたび」はあるでしょうか。

「チャンスには前髪しかない」と言う言葉を聞いた事がありませんか。
チャンスというものには髪がある。でも前髪しかない。
だから、向こうからチャンスが走ってきたときにしっかりとその前髪をつかまないといけない。
チャンスが走り去った後、彼の後ろには髪がないからもうつかむことはできないというなぞらえです。

二度目は来るか。
それは、口をあけて待っているだけでは絶対に巡ってこないでしょう。
練習をしながら二度目のチャンスが来ることを狙っていこうと思います。


今回の代表選手の皆さんが、素晴らしい記録を残し、何にも代えがたい経験ができることを心から願っております。
スポンサーサイト



フリーダイビングインドア記録会
昨日は、フリーダイビングのプール種目、スタティック(水中での静的閉息)、ダイナミック2種目(平行潜水、フィンあり、なし)の大会がありまして、久しぶりに参加してきました。

ここ1~2年、スタティック(以下STA)種目がとても好きになり、今回はそれ一種目に絞っての参加です。
約一か月前に退院して、この大会に出ることを決め、少ない期間でいかにモチベーションを上げていくか、またそちら方面に心身ともに変えていくかに焦点を合わせてきました。

そして迎えた大会当日。
なぜか、いつもダイナミック系の種目はとっても緊張しまくるのですが、自分、STAはほとんど緊張しないのです。
その点は海種目と同じ。
昨日も、午前にスポーツマッサージに行き、そのゆるゆる状態のまま本番を迎えました。
アップの状態は良好。
で、結果は、、、あまりいいものではありませんでした。
まー、私も少しは大人になって、結果に対して以前ほど動揺することが少なくなりましたが、やはりがっかりです。
練習の少なさ、体調などを考えると万全ではなかったのに、心のどこかで「あわよくば」と、思っていたのだと思います。
「欲」ですね。

昨日の大会の他の選手の結果を見るにつけ、努力した選手がやはりいい記録を出す。そんな当たり前のことをあらためて思いました。
中には、努力したって報われない選手だっている。
やはり「あわよくば」なんてないのです。
いい勉強になりました。
一方で当初目標としていた、「モチベーションを上げる」ことは達成できましたから。

次回のインドア競技会参戦はいつになるかわかりませんが、その時は後悔のないよう練習をしっかりとし、臨みたいと思います。

サポートしてくれた方々、セキュリティスタッフの皆さん、少ない練習を共にしてくれたフリーダイバーたち、ありがとうございます。

さてと、次は、、、今週末のアクアスロン、…えっとこれは息抜き。
そして秋の海の大会に向け練習をしていこうと思います。
海トレーニング
今シーズン初の海トレーニングに、西伊豆の井田まで行ってきました。
昨日は、大時化&大嵐で海に入れませんでしたが、
今日はうって変って静かな海で、トレーニング初め。

今回の手術をして潜りがどうなるか、とても興味がありました。
結論から言うと、「耳は抜けやすくなった」「サイナスがロックすることがなくなった」
「冷えるとサイナスに少し痛みが出てくるので、そうなったらもう上がる」

せっかく治してもらった大事な大事な鼻と耳とサイナスですから、ゆっくり海になじませていこうと思います。
そうだった、去年はシーズン途中でもう海に入れなくなってたんだよな。
こうしてまた海に入れるようになったことに感謝したいと思います。
練習途中で特大のかさぶたが出てきたのにはびっくりしました。
耳抜きが刺激になって取れたんでしょうね。
こうやって少しずつ回復していくんですね。

今年は、海の大会にもまた復帰しようと思います。たぶん秋かな。
くノ一
GWのころになると、もう心は海に向かってそわそわしてきますねー。
あ、、そっか、この時期選手の皆さんは、月末の館山のインドア大会に向けて最後の追い込みですね。
頑張ってください!

私、今年はフリーダイビングに関してはリハビリの年として、耳抜き改善にすべてをかけるつもりです。
現在は、鼻、耳の問題で泳ぐことも潜ることもできませんが、今月後半に(ちょうど、インドア大会の時です)そちら方面の治療のため入院します。
成功すれば、今までより楽に耳抜きができるようになって、すくなくともバディのサポートは問題なくできるようになると思います。
自分の練習はまた別の課題ですが。

今の気分としては、回復してもしばらくはインドア種目からは遠ざかると思います。
海洋のために練習はするとは思いますけど。
あ、でもスタティック(水の中でじっとしたまま呼吸を止められる時間を競う種目)は大好きなのでやるかもしれません。
でもそれもこれもすべてケセラセラです。

一昨年、西伊豆の井田をホームにするフリーダイビングクラブBBBに入会後、海に潜って耳の調子がまあまあだったのは半分くらい。
それを、100パーセントまでは無理としても、7~80パーセントは確実に抜けるようにもっていきたい。
そういえば、入部以来、ずっとフリーイマージョン(水面から、先端にウェイトを付けたロープを降ろし、それをつたって潜行していく種目。フィンは履きません。まっくろなウェットスーツ、もじもじ君を着て潜っている姿はくの一みたいです)しか練習してきませんでした。
今年も潜れるようになってもしばらくはフリーイマージョンの練習をしながら、耳と鼻を海に慣らしていこうと思います。
でも、フィンをはいてサポートはしっかりやれるようにします。

フリーイマージョンは、スタティックに似ていますね。
心持は静かです。
でも静かに一人で潜行しながらも、海の中にはいろんな音がしていて、「あぁ、一人じゃないんだなぁ」と感じることができます。
とても好きです。

fins1

もとは、インドアのプール種目が得意だったおかげでフィンはたくさん持ってます。
上は、現役で使っているフィン。

左から、
○ミュー 素潜りを始めたきっかけになったフィンです。
○C4 ツィークワトロと読むそうです。イタリアのロングフィン。デフォルトで使っているフィンです。
○BINFIN フィンスィム女子のトップO.R.さんのものをフィンのコーチを通じてお借りしています。中国のトップフィンスイマーが手作りでひとつひとつつくっているそうです。
○Glide fin 言わずと知れた、グライドフィン。BINFINとは根本的に泳ぎ方が変わります。現在はフリーダイビングでは主流になっているフィン。私はまだ使いこなせていません。現ノーフィンNR保持者の北濱選手から譲っていただきました。

私は今はずっとロングフィン=ビーフィン(二枚フィン)を使っていますが、モノフィンをマスターしたころにはまた新しいモノフィンが出ているのでしょうね。
どれもこれも、ただのフィンではなく、私を遠くの世界へ連れて行ってくれる頼もしいお守りフィンです。

とにもかくにも今月が早く終わって来月が来るのを心待ちにしています。
それまではすべてガマンガマン。
苦手。これもトレーニングと思うことにします。
ロープワーク

どうせ走れないし、今日の分のエクササイズは終わっちゃって暇だしで、今年初めてロープワークをやってみました。

なぜか家には長い縄?んにゃ、ロープもあるんだけど久しぶりだから3本の紐をエイトノットで繋いで。
エイトノット、大昔に何回かやったことがあるのですが、手が覚えてましたねー。
これで長いロープが出来て、まずはダブルチェーン。最初の腕に引っ掛ける所で少し迷いましたが、無事残り20センチまでいきました。

最後の巻き結び。
輪を作ってくいっと裏返すのを、T氏に教わった記憶があるんだけど、いつもここで手こずる。
くいっと出来ないんだよな、くいっと。
でもなんとか無事二重に巻き結んで完成!
じゃーん!
正しく出来ているかは、、、、わからない。はは。

でも10回やって全部ちゃんと解けたのであってるんでしょう。
手が覚えてた。
今シーズンはアンカーロープをしっかり結べるようになります。

編み物とか、呪縛、じゃなかった、結ぶのとか、基本的に好きみたい。
こうみえて絡んだ糸や紐を解くのも得意なのだ。
絡んだ人間関係は知らぬが。
何よりも今の私には、ボケ防止に役立つと思うのでございます

夏への準備ですよ。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.