Body & Soul
ヨガ、素潜り、フリーダイビング、スィム、ボディワーク、そしてちょっぴりアートな毎日。
200804<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200806
08館山インドア「疾風怒濤篇」
大会二日目

<ダイナミックウィズフィン>

前夜からの風雨が強くなって、朝から宿前の海も荒れています。
早朝に風のおとで眼が覚めました。

その割には気分よく会場入り。
気持ちは不思議なくらい落ち着いています。
落ち着きすぎて、眠すぎて、開会式をパスして控え室で爆睡してしまいました。
目覚めてすっきり。ヨガのショートバージョンを終え、K子ちゃんのゴッドハンドにすっかり出来上がらせてもらっていよいよ本番。

一種目目はダイナミックウィズフィン。フィンを付けて潜水する距離の競技です。
ダイナミック100mオーバーのフリーダイバーの中ではいまや珍しいとさえ言われるロングフィナーの私ですが、今回は圧倒的に練習不足でした。それがもろに記録に出ました。泳いでる最中、50mを超える頃にもう足の疲れがでてましたから。
結果はベストには届かず、さらには申告にも未達でしたが、練習で、そして本番でもたくさんの課題を見つけけることが出来、何かスゴく嬉しかったです。
今の自分にとって、次につながるという感覚は何よりも何よりも大切なことなのです。

<ダイナミックノーフィン>

最後の種目、昨年秋からずっとオタクのように(笑)練習してきた種目です。フィンなしのただの素潜りの距離競技。
ただ、最近、少し煮詰まってきて、エントリーするかどうか迷いましたが、出場することに。

こちらもリラックスした状態で、予定通りアップを終え、アップのスタティック用のウェットから勝負用DELFINOウェットに着替える時に一番目の事件が・・・・。
なんと勝負用ウェットを大きく破いてしまった。どっひゃー。
この時、すでにオフィシャルトップ=OT(自分のスタートしなければならない時間)5分前。
結局、ウェット無しで水着のみで泳ぐことになりました。
3分前(このあたり記憶曖昧です)を過ぎて入水。
そうしたら、なんと今度はノーズクリップが無い!。
ウェットを脱いだ時に、指にはめてたノーズクリップごと脱いでしまったみたい。
もう泣きそうになりながらプールの中からKコーチに、「ノーズクリップがなーい」と叫んだら、
ザワザワと何人かがプールサイドを走り回ってくれて、どこからか誰かのノーズクリップが出てきました。
私の嫌いなタイプな針金の。(鼻の高い人向きのやつ)
「これ嫌いなんです」と言った気がするが(本当にゴメンなさい)、カウントダウンは差し迫ってて、そのまま泳ぎ始めることになりました。
コーチの「大丈夫だからね、落ち着いてね、大丈夫だからね」と言う言葉がフェイドアウトしてって、ついにOT。

そんなドタバタがあった割には泳ぎ始めてみれば、意外と調子いい感じで練習してる時でもなかなかない、少ない掻き数で25Mに到着、ターンもうまく行き、グライドもいつに無く伸びました。
気持ちよかったなぁ。
でもなぜかそれで満足してベストの75m手前で上がりましたが。

サーフェスプロトコル=SPは万全。コーチも嬉しそう。


でもその後事件は起こったのでありました。

つづく

スポンサーサイト



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.