Body & Soul
ヨガ、素潜り、フリーダイビング、スィム、ボディワーク、そしてちょっぴりアートな毎日。
200907<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200909
市Q蜂ヨン
一ヶ月以上前に購入した、村上春樹氏の「1Q84]。
読むのが怖くてまだ一回も表紙を開いていません。
周りの他の本をウロウロ読んでいます。
最近、夜中に「1Q84」がぼーっっと光りだすんじゃないかと思うくらいの存在感で私の意識にのしかかってきます。
ヘンなの。

なぜ怖いのか?
もし、読んでつまらなかったらと思うと、その時のがっかり感を思うだけで、心臓がばくばくします。
逆にすごく面白かったり、大きなインパクトのある本だったら?
自分にとって彼の本は、ALL or NOTHINGです。

その感じを例えていうなら、
大昔、何年も何年も行きたくて行きたくて思い焦がれて、やっとのことで行くことが出来た八重山。
その時、2週間ほど滞在したのですが、
旅行中、ずっと心と身体がふわふわと宙に浮いてて、なんか、大昔の、フィルムに傷が入ったようなセピアの映画の中に紛れ込んだ自分だけが天然色みたいな、不思議な気分になってたことがありました。
微妙にまわりと自分の間に違和感があり、薄い膜に覆われているようで、そこにいる実感がない。
思い焦がれて楽しみにしすぎてた場所に来られたことが、ずっと夢の中にいるような気持ちにさせたのかもしれません。。

もし、「1Q84」がインパクトのある本だったら、そんな気持ちになりそうな気がする。
あぁ、だからまだ読み出せない。
もう少し、寝かせて熟成させておこう。
そのうち、その本、夜中にぶるぶると震えはじめるかも!?コワイィ。


ところで、同じ村上春樹氏原作の本「ノルウェイの森」映画版のキャストはこんな。
主役は、松山ケンイチ
緑が、水原希子
直子が、菊地凛子。
監督は、「シクロ」、「青いパパイヤの香り」のトラン・アン・ユン。
どちらも大好きな映画です。あの頃、トニー様は若かった。。
アジア特有ののねっとりとした湿気のある空気感、そこはかとない官能性。静けさの豊かさ。陰影のもつ饒舌さ。

原作本は出たばっかりの頃(もう20年前ですね)緑と赤の上下本を買いました。
新宿の紀ノ国屋でその本を手にとって、レジに向かおうとしていた時、話し掛けてきたのが、当時絵の学校でクラスメイトだった、O山田K吾くん。音楽はやってたけど、まだ無名だった。
彼に「“ノルウェイの森”なんて買っちゃって~」と言われたのを今でも思い出します。
ほら、メジャーなものに対して斜に構えるのがカッコいいと思う時ってあるじゃないですか。特に芸術系の学生はそうですね。
その当時、「ノルウェイの森」は立派なメジャーだったと思う。
彼女(同じクラスメイト)と一緒だったのですが、(まだKhミ Kriィsanではありませんでした)その彼女も、いまや割と有名人です。

って、話がずれましたね。ごめんなさい。
その「ノルウェイの森」。
何回読み返したでしょうかね。
ものすごくありきたりな言い方ですけど、「青春」だったよなぁ。ってしみじみ思います。

主役の松山ケンイチくんもいいけど、私は森山未来くんでみたかったなぁ。
ワタシにとって未来くんは「青春」の苦悩と、無謀と可能性の象徴なのです。
急に成長しちゃった長い手足をもてあまして、ギクシャクしちゃっているような。。
#彼はダンサーでもあるので、実際はまったくギクシャクしてませんけど。

この映画は、勇気をだして必ず見に行こうと思います。


ところでどなたか「1Q84」読んだ方はいる?


今日の一冊はどちらかにしようか迷いましたが、
「ノルウェイの森」にします。
(後ほど追記します)

スポンサーサイト



「その後のC4」と、「初スフェラ」
20090819235133


どうもフィーリングがおかしい私のおにゅーのC4。
ただ変なだけだったらまだ良いのですけど、合わないフィンを履くと必ず出てくる、大昔に骨折した左足首の古傷の痛みまで出てきて、正座も出来ないほどに。

「これはやっぱりどう考えてもおかしい」と、無い頭でつらつら考えました。
フィンの半分から先だけがよくしなって、根元はまったく硬くてしならない。。そんなのあり?
おやー、もしかして、フットポケットのせい???

これまで、これも含めて、3足のオマーのフットポケットを使ってますが、今までの2足は何の問題もなく、何も思い悩むことなく快適に使っていました。
ポケットが原因かも??と、今回初めて思いつき、今まで履いていたVTRに付いていたポケットを外し、今のVGRのポケットも外し(ビス止めだとこれが出来ます。ボンドだと出来ません。ボンド付けはほんと賭けですね~)硬さを比べてみました。
ここで言う硬さは、足入れの部分ではなく、角のような二本出てるレールの部分の硬さです。

嵌めるときに広げる方向へは同じくらいのしなり具合です。
でも、フィンを漕いだ時の前後方向へのしなり、、、、、
新しいフットポケットは硬くてほとんどしなりませんでした。

一方でフットポケットを外した、おにゅーのブレードはちゃんと全体が美しく、正しくしなっていました。
う~~ん、さすがC4。このために艱難辛苦を乗り越えて購入したのだよ。しくしく。

で、問題のオマーの今回のフットポケットですが、購入した仙台のショップに電話して事情をお話してみました。
#前に書いてますけど、今回はどこかは書きませんね。
本当にここの担当者の方は丁寧、親切で、色々と詳しいのです。大阪の某有名店とはちょっと違う。
そうしたら、やはりオマーのポケットは硬さにバラつきが相当あるようです。
以前BATのブルーカモフラのブレードが割れる案件が続出した後、特に硬くなっているそうなんです。
なぜ硬くするとブレードが割れにくくなるかも丁寧に説明してくださったのですが、、、
でも柔らかいブレードに、硬いレールのフットポケットをはめたらどうなるか?
ブレードの良さが死んじゃいますよね。

で結局、そのショップの在庫に現在柔らかいものがあるかどうか、すぐに調べてくださって、折り返し連絡を貰いました。
そして、今のフットポケットを送り返し、柔らかいものに取り替えていただくことになりました。
丁寧な対応に感謝です。
あとは届くのを楽しみに待つのみ。それまではVTRに嵌ってたフットポケットを着けて泳ぎます。

そして、もう一つ。
生まれて初めて、低容量のマスクを買いました。
「スフェラ」です。
その軽さにびっくり。だって全部プラだものね。
今まではアポロのバイオマスクを使ってまして、フレームが金属&ガラスレンズなので重かった。
今こう言えるのも、スフェラを使ってみて初めてその重さがわかったからなのですけど。
感覚としては、スィミングゴーグルに近いです。
スカ-ト部分がクリアなので、常に潜りにエレガントさを求める私としては、絶対に鼻水をためないようにしなければ。はなぢなんてもってのほかだわ。

そして、なぜか、耳抜きが楽になりました。
鼻は、バイオマスクよりつまみにくいんですけどね。
なぜだろう、なぜかしら。
また、レンズ部分が湾曲していることによる、視界の歪みはまったく感じませんでした。
バイオマスクは度入りレンズなので、何か探し物をする時に使おう。(謎....。

うぅむ、世の中には本当に、道具で変わることってたくさんありますね。
フリーダイバーに、道具フェチが多いのも納得できます。

#あ、私は違いますけどね。あは。
でもなぜか増えていく道具達。。。
「気のせい」だと言ってくれ
20090816142605


夏と言えば、やっぱ暑いわけで、会う人ごとに「暑いですね~!」とご挨拶代わりに言うわけですが、今年の夏はやっぱり、いつもの夏より過ごしやすいと思いませんか。
小学校の頃の夏ってこうだったよなー、って思わせるような、例えば、「朝が涼しい」とか、「クーラー無しで(というか、クーラーなんてありませんでした)眠れるとか」、「風が気持ちいいとか」。
今年、東京で最高気温35℃ごえってありましたっけ?

んなもんで、いちおう都会に住む私は毎年クーラーのお世話になっているのですが、今年は一回も使ってません。
これもなんか、昔の夏っぽさを思い出させる要因なのかも。

そして寝る時。
今は窓全開で寝ているのですが、昨晩、ふと眼が覚めると外からある音が。。。
幽霊じゃないですよ。あは

「りりり~ん」。
そうです、もう鈴虫が鳴いていたんでした。
私のベッドサイドの窓の下に植え込みがあり、毎年秋になるとうるさいくらい色々な秋の虫が鳴くのです。
2階の私の部屋にもよく聴こえてくるくらいの音量で。
昨晩は、まだ一匹だけ、鳴いていました。
最初は、気のせいかとも思って、よーく耳をすませて聴いてもやっぱり鈴虫です。
えぇっ、もう秋なのか!!?
今年の夏は短すぎやしませんか?

もう朝方は、窓全開だと寒いくらいで、窓を閉めて、また寝ました。
そう言えばお盆も終わり。そろそろ秋の気配ですね。
って、まだ今は外で蝉がうるさいくらいですけど。

秋と言えば、素潜り。
最高の季節がやってきますね。
楽しみです。
と、沈む心を奮い立たせて強引に前向きに考えるようにしようと思ったのでした。

写真は昨日の辰巳の陸橋から見た夕昏。大好きな時間と風景。
One by one
すみません、季節柄、またフリーダイビングの話題です。

6月から、海でのフリーダイビングの練習を始めて、二ヶ月。
国会の投票でしたっけ?「牛歩」戦術というのがありますけど、私のは「亀歩」ですね。

先週末の練習の一日目。
FIで浮上してきた時、愛用のD3の左下に「22」の文字が。
「わ~ぉ!今日は調子良い!」
そして次にまたFIで潜った時、今度は「23」の文字が。
3年前にBB の記録会で出した、PBと同じ数字ではないですか!!
やった~~!!と思って、わたしもここまで来れたのね、嬉しい!と心の中でおおはしゃぎ。

しかしその後、感慨深くしみじみとしながら、D3のログを確認してましたら、DIVE HISTORYのMAXでは10ウンメートルの数字。

がが~~ん、22とか23は、その時の水温だったんでした。
まーね、そんな簡単に、気圧越えは出来んよね。あぁ、勘違い。しくしく。

次の日。
前日の記録を-1m更新。シーズンズベスト。
まーこれが私のペースですね。1mずつ。地道に。
とうぜんまた修行は続くのでありました。

もうすぐ、フリーダイビングインドア世界選手権@デンマークですね!
選手の皆さんがベストなパフォーマンスを残せますように願っています。
されど、フィン....。
先週末も井田へ。夏休みですね。小さい頃を思い出します。
海水浴、麦茶、花火、アイス、星空、スイカ、蚊取り線香・・・

新しいC4が届いて、二回目の海練です。

前回の海練一回目。
まったく使いこなせなくて、フリーイマージョンのサポート役なのに、浮上中に選手に追い越されました。
あわわわ・・・。
これはまずいと思い、先週BBのKトレに参加、フィンワークを見てもらいました。
今までのC4のVTRはとても柔らかかったので、ピッチ風と言いますか、細かいフィンキックで泳いでいたんです。
ところが、今回のVGRはそれではまったくスピードが出ません。最初の一本のタイムを計ったら、VTRの時より50mで10秒遅いタイムでした。
遅すぎ。

今度のフィンは根元が硬くて、半分から先が良くしなる感じです。
で、全く蹴り方を変えることになりました。
大きいゆっくりとしたフィンワークです。もっとも私が苦手な。。。。
だって、お腹の中のインナーを使わなくちゃならないんだもの。。
でもこれは、いま、辰巳で習ってる、フィンマスターズの課題と全く一緒なので、これもきっと通らなきゃいけない道なのね。。。

そして、先週末の井田。
クラブのリーダー氏にも同じ事を指摘されました。
以前のVTRでは、柔らかすぎて、海の深度競技に使うには無理だと思ってたそうです。納得。
そして、もっと大きくゆったりとしたフィンワークにすること。
おんなじですね。

その時も、海で選手に追いつけそうに無くなった時は、必ず焦ってフィンワークが細かく速くなってました。
でもそんな時はそのアドバイスを思い出して逆にゆっくりとした、大きなフィンワークにすると、スピードが上がり、追いつけます。
フィンによってこんなに違うものかと思い、眼からウロコ状態です。

インナーか。。。
やっぱここでもそうなんでした。
ヨガにもしっかり取り組まないと。インナーをもっと意識できるように。使えるように。
スィミングも、インナーを意識したストリームラインを作れるようにらないと。いつでも、疲れてヘロヘロになった時でも。

逆に言うと、フリーダイビングだけじゃなく、各方面から改善すれば、全体が上がると言うことですね。
↑かなーり希望的観測。
つながってるここでもね。

あぁ、また課題が。
プールはしばらくの間、少し休憩しちゃおうかな~?なんて思ってた今日この頃ですが、それどころではないようです。
頑張りまっす!

そうそう、余談ですが、先週末の練習の折、ポイントに到着して潜る準備をしてた時に、片方のフィンのビスが二本とも外れてることを発見。
どこで落としたのか全く不明です。
でも先ほどのリーダーいわく「大丈夫だよ」とのことで、潜ってみたら、大丈夫でした。
されど、やっぱ気が小さい私はビスをもう一回付け直します。
そういえば、前のVTRのいつの間にかビスが一本なくなってた事があったなぁ。
硬く締めすぎると、割れやすくなるそうで、でも緩いと落としますよね。。

で、本日の結論。
「あまり気にしない」。

以上。
潜ると歯が...。
ちょっと前から、潜ると歯が「きゅいーん」と痛くなって、これが噂の「歯のスクイズ」?!
何か、流行の先端を行っちゃってる感じのちょっぴりの優越感に似た感じがあったりして。ぶゎっはっ!
小学校の時、眼帯や、包帯巻いてたりするの、かっこ良いと思ったりしませんでしたか?
それに似てますね。
あー、勘違い。

で、今週歯医者さんに行ってきました。
えぇ、自慢ですが、歯並びの良さと、虫歯の少なさに関しては、数少ない私の外見上の美点と自負しています。
半年に一回、歯のクリーニングをして、何年かに一回、大昔にかぶせたものを取り替えたり、親知らずを抜くくらいで、歯はとっても丈夫なのですよ。

そして、今回。
久しぶりに、歯のレントゲンを撮りました。
歯のスクイーズらしき痛みの場合、まず上顎洞内部の疾患を疑うそうで、そこで初めて、かな~りいきなりマジモードになりました。
「どうしよう。上顎ガンだったら・・・」(身内にその病気を患ったものがいたのです。でも今は元気です!)

レントゲンの結果を見るまではドキドキでしたが、結果は「上顎に問題なし」。ホッ。
大昔に、痛みのある部分の虫歯を治療してて、今まで問題なく来てたのですけど、しばらく様子を見て、もしも今後潜ったときに痛みが続くようだったら、「そこを開けてみましょう」とのことでした。

私は、そんななので、歯の神経を抜いたこともないのですが、
歯の神経を抜いた跡は、空洞になっているので、潜る人はそこにスクイーズが起こりやすいと、Drが言ってました。

今週末も潜りに行きます。
どうか歯のスクィーズが起こりませんように。。

前週末は、フリーダイビングチーム「無限」の関西、愛知、東京のメンバーの方たちと、合同の練習会でした。
楽しくて、とてもためになりました。刺激受けまくりです。
わたしも色んなことがんばらねば!と、決意も新たにしたのでした。
無限の方々、ありがとうございました。

#ログはもう自分は書いているのですが、なぜか・・・むにゅむにゅ。。。。
アップされるの待っててくださいね。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.