Body & Soul
ヨガ、素潜り、フリーダイビング、スィム、ボディワーク、そしてちょっぴりアートな毎日。
201003<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201005
あれもこれも
なかなかブログを更新できずすみません。
その間に、桜は満開になり散ってもう若葉ですね。無事、苦手な桜の季節を乗り切り、ホッとしてます。
そう言えば、こないだ居酒屋さんに行ったら、「初がつお」がありましたっけ。
あとは、桜海老ですね。美味しい。春キャベツ、、は今年は高いです。

今はどーしているかと言うと、走って泳いで息止めて(やっと!)ピラティスして。と言う感じでしょうか。
マラソンは来月の終わりに13キロの大会がありそれが終わったらとりあえずオフにします。
スィムはジムのマスターズで泳ぎ始めました。
フリーダイビングは、、、インドア種目は今のところ練習は始めてますけど、どうするかまだ決めてません。
海は今年は気合入れてやります。3mmスキンも出来上がったことだし。
自分の中では、ピラティス、ランニング、フリ-ダイビングは、「内観」と言う意味で一つのカテゴリー。ある意味でとても共通する部分が多い、
スィミングは少し離れた所にあります。

ピラティスはやればやるほど奥深くてもー困っちゃう。
本当は、ヨガもそれ以上に奥深いに決まっているのでしょうけど、どこかで変節してしまったのでしょうね。
ピラティスは超面白いです。
武道家でもある内田タツルセンセが行ってました。
「一流の武道家は足裏を10に分けて使える」。
ピラティスもそれを目指している感じがします。

実は、今あまり長い文章を書く気になれなくなってるので、ブログの更新が遅れてるんです。
その代わり、独り言日記のような、トレ日記を、(←からリンクしてるJogNote)に、ほとんど毎日書いてますんで、もしも「honyaは生きてるんか?」と心配してくださる奇特な方がおられましたら、覗いてみてくださいまし。
コメントいただいてもあまり、というか、ほとんどレスしてませんので、それは期待しないでね。爆

では、皆さん、一年で一番美しいこれから初夏にかけての季節を満喫してくださいませね。
スポンサーサイト



久しぶりに息止めた
dyn
今日は半年ぶりにビッグブルーでのダイナミック(水中での平行潜水)トレーニングに行きました。
最初のスタティック(水中での静的潜水のトレーニング)は、全く集中に入れませんでした。でも、それなりの納得の数字。
そしてダイナミック。今、フリーダイピンクでメジャーのモノフィン=グライドフィンで泳ぎました。今回で二回目。
初めての時はおぼれかけたんですよね。
今日はチャイナフィンFromO.R.さんも持って行ったのですが、初めて「グライドフィンは気持ちいい」。と、お腹の底から実感。
やっぱりコーチに見てもらうのは大事だなあ。

早いものでもうすぐ、海シーズン到来です。
ロングフィンで行くか、モノフィンで行くか。それが問題だ。
いずれにせよ身体が答を出してくれるでしょう。

写真はKちゃんと。ステッカーは私の分身の海亀ちゃんFrom Hawaii.
シャトーはいつものシャトーでした。
Photo by Kin
2010/04/11(日) 00:01:22| フリーダイビング| トラックバック:0 コメント:0
我、爆走す。
今日は大人になって初めて参加したマラソン大会。
事の発端は、1月に鉄人レースで有名な南の某島ゆかりの人たちとの新年会で、酔っ払った勢いでした約束。

それまで、トレッドミルで走ったことしかなかったので、大慌てで外での練習を始めやっと今日にこぎつけた感じ。
大会直前は脚のことを考えて練習量を減らしていたので、走りたくて走りたくてずっとウズウズしてて、今日爆発。
よって、思いっきり暴走、じゃなかった、爆走。気持ちよかった!楽しかった!!スッキリした!!!

それにしても、相変わらずノミの心臓な自分に呆れることしきり。
会場に着き、ランシューズの紐を結んでいる時にすでに心拍数が120bpm。#1分間に120回心拍を打つということです。
応援&付き添いのRちゃんにハグしてもらって少し落ち着いたものの、スタート時にはさらに上がって130。理論的にはLSDの値ですね。というか、自分にはその理論は当てはまらないと思ってはいるんですが。

えぇ自慢ですけど、自分、安静時の心拍は50~55です。
でも、こういう場合そんなの全く意味無いですね。
そしてスタートしてすぐに160台に到達、そのまま8キロ地点まで走り、さらに8キロ過ぎてからペースアップしたおかげで、その後ゴールまで180台。
最後には184まで行きました。
死ななくて良かった。

一つ、実は目論見を抱いていたのですが、それは見事に瓦解。その目論見とは、、、内緒です。
そんな甘くはないっちゅうことですね。
次の課題として残しておきましょう。

でもいいこともありました。
一応、初マラソンなりに、自分でレース展開を考えていったのですが、予定通りに最初のLapから、最後のLapまで少しずつペースをあげて行き、ゴール直前には1分30秒近くまで1kmあたりのペースを上げられたのは嬉しかったです。
最後は死にそうにきつかったですが。

今回出場したのは、行田市鉄剣マラソン大会。
さきたま古墳群という、5~6世紀に作られた古墳群の間を抜けながら走ります。
日本で一番大きい円墳があるそうです。
古墳から、埴輪や、鉄の剣が発掘されてこの大会の名前になったそう。
また超面白い歴史小説「のぼうの城」の舞台の「忍城」もそばにあります。

View
左下のアーチが、スタート&ゴール地点。(クリックで拡大)右上の一帯を走りました。黄色いカタマリが上のほうに見えるでしょうか。
それが古墳です。上に菜の花がたくさん咲いてました。

菜の花があちこちにたくさん咲いていたり、桜並木の下を通ったり、畑の中の開けた場所を走ったり。
沿道のおうちのおばあちゃん、おじいちゃんががんばれがんばれと応援してくれたり。
私設のおにいさんがやっている給水所があったり。
暖かい、気持ちの良い大会でした。

Chibachan

中央ピンクはゲスト&プレゼンターの千葉ちゃん=千葉真子選手。小さくて可愛かったです。
トロフィーは土器製。植木鉢みたいでした。
中学生の部1位の選手は「これで牛乳を飲む」といっていました。頼もしい!

その後、温泉に入りビールを飲みながら、ラン友&応援兼保護者&おめでとう!で来てくれた友人達ともう次のレースの計画を建てちゃったり。
そのラン友は、再来週はフルだそうです。
ご健闘を祈ります。

私は、、、そろそろ息を止め始めないといけないのですが、、、その気配すらありませぬ。
をいをい。


今日の一冊
のぼうの城のぼうの城
(2007/11/28)
和田 竜

商品詳細を見る


歴史エンタテイメント小説。
勇壮でもなく、賢くも無く、かっこよくもないお殿様が主人公。
でも痛快。胸につかえてたものが勢いよく下に落ちる感じ。
人生はそんなに悪くないと思える本。
その舞台を今日走りました。
2010/04/04(日) 23:25:03| ウォーク&ラン| トラックバック:0 コメント:4
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.