Body & Soul
ヨガ、素潜り、フリーダイビング、スィム、ボディワーク、そしてちょっぴりアートな毎日。
201006<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201008
そのために

>はぁい、私もそぉです。西田敏行ラブ
@丸天in沼津
スポンサーサイト



夕焼けが凄すぎて

見ていたら悲しくなってしまった。
なぜだろう、なぜかしら。
駿河湾はやはり深いらしい
金曜夜から井田に行ってました。
沖縄で世界選手権があって、クラブからナショナルチーム代表、セキュリティーズ、運営スタッフなどメンバーのほとんどが大移動してしまい、一緒に潜ってくれる人がいなくなってさびしく過ごした週末の数々。
そしてしばらくぶりの海。といっても2週間くらいですが。

と、話が始まると、久々フリーダイビングのお話とおもうでしょ?
でも、残念。またラン&ウォークのお話です。フリーダイバーの人、ごめん。

ミズノから新しいシューズが出て、今まで履いてたのと同じシューズが安くなってたので、購入し井田の合宿部屋に置きシューズしました。いつでも走れるようにね。
そして土曜の夕方。
フリーダイビングのトレーニングが終わったあと、夏のオープンウォータースイムレースにむけて、何名かが海で今度は横に泳ぐ練習をしようと言うので、ほとんど皆、OWの練習へ行きました。
そこで私は「チャンス!!」と、走る準備。
皆が海から上がってきて、準備をして、隣の集落にあるいつも行く温泉で集合の段取り。
大体7~8キロと聞いていたので、1時間と少し前に、スポーツドリンクと携帯を持って出発しました。

まず海岸沿いの直線道路をアップをかねてジョグ。
その後草ぼうぼうの明神池を一周し、煌きの丘へ山道を一気に登ります。
写真を一枚撮ってから、一路戸田へ。
kirameki
クリックで拡大します。煌きの丘からの駿河湾と富士山。右に見えるのが井田の集落です。この週末、富士山は上のほうが良く見えてました。夜には登る人のライトが連なっているのも綺麗にみえてました。

まー、一言で言えば走り出したことに後悔しました。
まず、暑い。これは覚悟してたことだけど。
そして、アップダウンの多い道路は、車は走りやすいように出来てるけど、人間が走りやすいようにはできていないってぇこと。傾斜が左右方向についているのでとっても走りにくいんです。
そして、期待通りのアップダウン。
上りはほとんど歩いてました。
「どうか歩いてる時にみんなに追い越されませんように」と祈りながら。

最後の峠を登り終えると後はずっと転げ落ちるような下り坂です。
結構、ひざにキケン信号。
斜度に任せて気持ちよく下りたかったけど、少しずつセーブしてそれでもニコニコ顔で下りました。

戸田の集落に入ってからは割と調子よく走り、「壱の湯」に到着。
井田から8.8キロ、1時間ちょっとのミニマラソンでした。
皆はまだ到着してなかった。

その時の様子を記したのがGPSの軌跡。
駿河湾(左の深い青)ってば、本当に深いですね。そりゃ、タカアシガニみたいな超ド級カニもとれるってぇわけで。(クモガニ科ですって。きゃーっ)
山の深さにもびっくりです。
意外と身近にあるんだなーと思った。
GPS
クリックで拡大。途中で道に迷ったりしました。温泉は終点にあります。それにしても駿河湾の青さよ。

その後、壱の湯で汗を流し(本当は最初に浴びた水が一番気持よかったんだけど)、アイスを食べて買出ししてまた井田に走って(今度は車よん)戻ったのでありました。

走ってる最中は意外と車が少なく、静かでセミの鳴き声がうるさいほど。そして様々な鳥の声。
さらに、「さっきは水面(水中)にいたのにここまで上がって来たんだなぁ」と言うちょっぴりの感慨。
いい体験をしました。

もう一回やりたいか?と訊ねられれば、うぅむ涼しくなったらやってもいいかも。
後は土肥まで行く山道をトレイルランニングしたいな。
織田フィールド

都会のど真ん中にこんな400m陸上トラックがあったなんて知りませんでした。

たくさんの人が、走ったり、歩いたり(競歩ね)跳ねたり、飛んだりしてるのを見たのは初めてでした。
お祭りみたいだった。空がおっきかった。

世の中にはこんなにたくさん陸上競技をやっている人がいるのですね。
ちょっと感動した夏の夕暮れです。
みっしり

緑の匂いが息苦しいほどです
ミイラのつくり方
私の所属しているフリーダイビングクラブ「Blue Blood Bros.(略してBBB。現在沖縄の世界選手権で活躍中)」には、体育学の先生がおりまして。
そのお方、コンスタントウェイト(フィンのみで潜行、浮上しその深度を競う)のNR保持者の篠宮選手のトレーナーでもあり藤本先生といいます。昨年、BBBの忘年会で、初めてお会いしました。
身内にその方と同じ職場の者がいたりしてなんとなく初対面な気がしなくて、色々お話ししてた中で、「フリーダイビングのために冬のトレーニング、じっくりとやる事のできるものは何ですか?」と、質問したところ、「LSDです!」とのお答え。

「LSD」とは言うまでもないと思いますが、「Long、Slow、Distance」の3つの頭文字をとって略した言葉。
自分のつたない知識によると、人間って、体中の血管のすべてを使っているわけではないんですって。
LSDをおこなうと、手足の末端の毛細血管の隅々まで血液が行きわたり、酸素摂取能力があがるそうで。
また、エネルギー源として脂肪をうまく使えるようになり、代謝の仕組みが変わる(らしい。少し怪しいので、興味のある方は調べてみてくださいな)。
単純な私は、「そっか!LSDね」と、さっそくジムのトレッドミルに乗り始め、その後走り始めました。
ふつう、身近な有酸素運動といえば、自転車、水泳、ランニングでしょうかね。
水泳でLSDをやる事も考えたのですけど、水泳でちゃんとLSDが出来る気がしないのは私だけでしょうか。

今年の初めに皇居一周(5キロ)を走ったのをきっかけに、ランニングクラブに入会し、「楽しく、正しいフォームで、美しく」走ることを目的に練習を始めました。
最初は膝を傷めて1週間くらい走れなかったり、ランニングクラブに行っても「歩け歩け」と言われ、走らせてもらえなかったり。
コーチに「水泳をやっているのだから、心肺系は問題ない。後はゆっくり身体を作って行くしかない。」みたいな事を言われたり。
でも一人で皇居の周りを走って、また膝が痛くなって休んだりの繰り返しでした。
それでも、なぜやめなかったか?というと、やっぱり走るのって楽しいんですよ。
暑くなる前まではLSDのつもりで週一回、平均15キロをゆっくりキロ7分半くらいで走ってました。

私は多分そう言う体質だと思うのですけど、ランニングハイになりやすいんです。
それっていいことみたいに最初のうちは思ってましたが、逆に気持ち良くなってペースが上がりすぎて後半もたなかったり、いい事ではないということに気付きました。
そこでやっと自分で自分をコントロールする事の大切さみたいなのを初めて感じたんです。

今まで自分の場合、フリーダイビングの時そう言う状態になるといい記録が出ることが多く、決して悪い事ではないと思っていました。
ただ、スロベニアの選手権のその代表を決めた館山インドアのDiveでは完璧にいっちゃった状態でした。その時、クールに自分のやっている事をすべて最後までわかっている状態で競技をしたいなと思ったんです。
そして、スロベニアではすべてを克明に覚えていました。
、、、でそれで良かったのか?今でもわかりません。

ヨガを今でも時折教えてもらっている方に小山氏という方がいます。
彼が瞑想状態について語った言葉があります。
「覚醒と集中」。

二つの言葉ではありますが、この言葉は同じ物事を言っているのだとなんとなく最近わかってきました。
たとえて言えば、瞑想状態。
自分の内面に集中しています。でも同じ部屋の反対側の壁際に、蚊が一匹止まった。
それをじっと目を閉じて座っていても感じるくらいの感覚の広がり。それも覚醒であり集中であるのだよな。と最近思うようになってきました。

おっと、また話がずれてしまいました。
今はヨガはお休みしていますが、要するに自分にとっては、ヨガも走ることも同じことなのです。

そんなずっこけながらの練習の日々の成果もあってか、走り始めて半年経った頃から、段々と膝の痛みも取れてきて、たまにシューズを変えたり、きつい練習をすると腱や筋肉の痛みが出ることもありますが、おおむね楽しく軽快にトレーニングしておりますよ。
CW-X(脚を保護するコンプレッションウェア)も今ははかなくても大丈夫になったし。
そして、なんともう来シーズンのレースの計画も立て始めちゃったり。
だってね、11月の終わりのレースが7月エントリーですよ~。
早すぎますよね。
11月なんて先の話、今はわかりません。その前にフリーダイビングがあるってぇのに。。
でもたぶん、エントリーする予定ですけど。

元はフリーダイビングのオフシーズントレーニングのために始めた、ランニング。
楽しくって奥深くってどっぷりはまってしまいました。
おまけに痩せたし。日に焼けちゃったし。うふ。←これは二つとも嬉しい。
あー、あたしってば幸せものだわ。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.