Body & Soul
ヨガ、素潜り、フリーダイビング、スィム、ボディワーク、そしてちょっぴりアートな毎日。
201103<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201105
ロープワーク

どうせ走れないし、今日の分のエクササイズは終わっちゃって暇だしで、今年初めてロープワークをやってみました。

なぜか家には長い縄?んにゃ、ロープもあるんだけど久しぶりだから3本の紐をエイトノットで繋いで。
エイトノット、大昔に何回かやったことがあるのですが、手が覚えてましたねー。
これで長いロープが出来て、まずはダブルチェーン。最初の腕に引っ掛ける所で少し迷いましたが、無事残り20センチまでいきました。

最後の巻き結び。
輪を作ってくいっと裏返すのを、T氏に教わった記憶があるんだけど、いつもここで手こずる。
くいっと出来ないんだよな、くいっと。
でもなんとか無事二重に巻き結んで完成!
じゃーん!
正しく出来ているかは、、、、わからない。はは。

でも10回やって全部ちゃんと解けたのであってるんでしょう。
手が覚えてた。
今シーズンはアンカーロープをしっかり結べるようになります。

編み物とか、呪縛、じゃなかった、結ぶのとか、基本的に好きみたい。
こうみえて絡んだ糸や紐を解くのも得意なのだ。
絡んだ人間関係は知らぬが。
何よりも今の私には、ボケ防止に役立つと思うのでございます

夏への準備ですよ。
スポンサーサイト



走れない

今日、スポーツマッサージのトレーナーに「しばらく走るのを休むように」といわれた。
トレーナーストップ。

泳げない。潜れない。走れない。
どうしろと?!
でも、すべて自分の蒔いた種。だからこそ。

悔しいから、帰りにローソンでアイスクリーム(202kcalなり。その数字の細かさに八つ当たりしたく。)を買って食べながら帰る夜道。

早く6月になりますように。
痩せない

最大瞬間風速的に、体重が大台に乗ったのが、そう言えば、1ヶ月前。
フリーダイバー、ランナーとしてあり得ないわ。と、一念発起、それまで、何も考えない食生活を送ってきた私が、洋菓子を和菓子に替え、死ぬほど好きな菓子パンとアイスクリームをやめたのでごさいます。うぅ、ツライ。

でもまたつい最近大台に乗ってしまいました。
こんなに走っているのになぜなぜなすなぜなせなぜなのよ?

「炭水化物はいいのよね♪」と、「頑張れ!宮城県」のおいしい「ひとめぼれ」をたくさん食べているから?

今のところ、増量による外見の著しい劣化は無いと思いたい。
一年前の今より6キロ痩せてた時よりも、坂は走って楽に(それほどでもないが)登れるようになった。

だったら痩せる必要ないじゃんね。
と、日々「大好き!炭水化物」な食生活を送っているのでございます。
炊きたての湯気が上がってるぴかぴかのご飯に、シャキッとした焼き海苔(この場合、味付け海苔はダメね)片面だけお醤油を付け、お箸で口に入るくらいに巻いて食す至福。
ああ私、やっぱり痩せなくていいわ。
このまま、1リットルペットボトル4~5本しょったまま、潜って走りますっ。

写真は海苔やさんののぼり。このお店、金曜日には焼きたての海苔が買えます。あぁ、幸せ。
あじをしめる
今回の大震災で私が大きく学んだこと。

「人間、自分の脚でどこでも行けるやん!」。(時間かかるけど)

震災の日、交通がすべて止まっていたので、歩いて帰ることになりました。
職場で地図を確かめたら、自宅まで7キロ。

「近いやん!」。

置きビルケンシュトックに履き替えいざ自宅へ。

ところが7キロなんて甘かった。
結局、15キロ歩きました。
いつも部活で走ってるあたりで道を間違え、大回りしたり、人が多くて大変だったのですけど、無事、家にたどり着いて、

「けっこういけるやん!」。

これは確実にランニングのお陰ですね。

それであじをしめてしまいまして、トレーニングやスポーツではない「移動する手段」としてのランもなかなかいいんではないの?と思い始めています。
アースマラソンを完走した寛平ちゃんが、
「ちょっと地球をノックして来ますわ」と言ったその心がわかりかけたような。

そうそ、走る動作って、地面を蹴るんじゃなくて、たたいたその反動で走るんですよぉ。
知ってました?
だから寛平ちゃんが言ったこと、思いっきり腑に落ちます。

そんなことで、今のところは千駄ヶ谷のトラックまで、週末は走って行ってます。
たまに往きで疲れちゃって、本番の練習が練習にならなかったりすることもあったりするんだけど。
坂が多いんだなー。

走ってどこへでも行ける。
自由を取り戻した感じがする。
今度お台場まで走って海を観に行って来よう。

今日の一冊

Sports Graphic Number Do号 100人が語るRUN!Sports Graphic Number Do号 100人が語るRUN!
(2011/03/17)
不明

商品詳細を見る


村上春樹氏のインタビューの面白さもさることながら、きれいになったQちゃんにびっくり。華がある。
金コーチの解説はいつもどおりの、「眼からウロコ」。
最近の数あるランニング本の中では秀逸。おすすめ。
ちりぬるを


気が付けば、いつの間にか桜が咲きもう散り始めている気配。

そう言えば、いつもの年よりも桜が鬱陶しくないわ。と思ったけれども、決して今年から気持ちを新たにして桜を好きになった訳では決してなく、ただやり過ごす事が少しうまくなっただけなのだよなと思う。

なぜ、桜が駄目か、書き出すとまた長ーくなるのでちょっとだけ。
見てよ見て見て見なさいよ!キレイでしょでしょー。と言っているその感じ。
そして以前、台風の時に家のそばの桜並木の、そのうちの一本、老木それも大木が倒れたことがあって、まるで苦しんでいる大蛇のようだった。
トラウマ。
この時期、「実は桜が嫌いなんです。怖いんです。お花見は苦手です。」と密かに思っている方は私以外にも割とたくさんいるはずね。
いつぞやの春に、このブログで梶井基次郎の「桜の樹の下に」を引用した覚えがある。
彼以外にも、桜の不気味さを書いた作家がいたよなぁ、と記憶を探ってみたら、吉行淳之介だったような気がするけど、自信なし。

桜は冬の終わりを教える花。
春が本当に美しくなるのは桜が散ってこれからなのだ。
「春爛漫」がやってくる。
酸欠

震災以来のホームトラックでの練習。
雨の中を家から走って行った。

今日のお題はインターバル走。
ところが3本め途中で、頭痛のためリタイア。
こないだの坂道ダッシュといい、まぢばしりになると、じぶん息を止めてるみたい。
やばいなあ。
よって早々に帰宅。

写真
おろしたてのターサーが泣いてるぜ。
サクラと男たち

うぅむ、濃ゆい。朝から。

濃すぎる。

ジョークと思いたい。
Hole
ひとくちにHole=穴と言っても色々とありまして。
マンホール。
井田のは富士山の柄でした。
ピンホール。
これは痛い。二度とごめんだ。
ブラックホール。
私の頭の中の。
マルコビッチの穴はシュールな映画だった。


で、今日のホールは、ホールはホールでも、身体に空ける穴、ボディピアスのおはなし。
なので、痛い話、先端が苦手な方、親から貰った身体に・・・な方はお読みにならない方が吉でございます。

さて、先日もお話した通り、現在、海にもプールにもはいれない身体のわたくし、ある日思い立ちました。
「チャンスじゃん!」。
前からボディピアスに興味がありまして、でも、一年中泳いでいる身にそれは無理。
どちらかをとるとすれば、当然海、プールな生活を送ってた人間には現実的な話ではありませんでした。
ところがこの、身から出た錆、じゃなかった天から降って湧いたかのようなチャンス、ボディピアスが開けられる!

思い立ったその日に予約をとり、まずお臍に。
(Mさんあんなこと言っておきなか゛ら自分がやってしまいました。ごめんなさい)

一週間後、次は左耳の「トラガス」と言う場所。
軟骨部分は耳ですが、ボディピアスの部類に入ります。
可愛いでしょ?
p


そしてついこないだ、さらに2つを。
場所は、、、ヒミツです。うふ。

でもこの子達、手がかかる。
1日二回、湯浴みをさせなくてはなりません。
お風呂程度の温かさの生理的食塩水くらいの濃度のお湯に浸け、やさしくやさしーく、きれいきれいに洗います。
そのあと、綿棒で、これまたやらし、じゃなかった、やさしーく水分をとり、ドライヤーで乾燥。
これが温浴セット
6

寝る時は決して、その部分が下になり圧迫されてしまうことの無いように気遣いながら。

このように手をかけて育てた二番めの子、トラガスは順調です。
お臍は、ボールを引っ掛けたり(悶絶した)、うつ伏せ寝で圧迫されたりでなかなかうぅーむ、大変。
陸系スポーツもお腹を使うので違った意味でなかなか安定しない。
でも、手のかかる子ほど可愛いとの言葉どおり、日々慈しんでおります。
つい最近の子2つは、これから立派に育てて行く所存です。

早く夏にならないかなー!

今のところ、これ以上は増やさない予定です。
だってこれでも花のOLですから。
でもある日突然、セプタム、なんと言うかまーそのー鼻輪ですね。牛を想像していただいて。を付け、何事もないように、いつものように仕事に行ってみたいものです。
セプタム、可愛いな。小さくて、輪が閉じてないやつとかね。
あー、夢が広がる。
やばい。

※くれぐれもご自分で空けようとしないで下さいね。
慣れた知識と経験が豊富なスタジオなどで施術してもらって下さいね。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.