Body & Soul
ヨガ、素潜り、フリーダイビング、スィム、ボディワーク、そしてちょっぴりアートな毎日。
201105<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201107
ヴァイオリニストの指
6/20追記:「今日の一冊」の中のくだり、「津軽の宮沢賢治」とありましたが、彼は津軽出身ではありませんでした。
津軽出身は太宰治です。ご指摘くださったW氏、ありがとうございました。修正いたしました。

こないだ、鼻と耳とサイナスをきれいにしてくれたドクターがコンサートマスターを務める弦楽合奏団が、演奏会を開くというので、病院友達のHさんと渋谷に聴きに行ってきました。

この合奏団、名前が「グリューナーヴァルト合奏団」といいます。ドイツ語で「緑の森」という意味だそうです。
団員の方たちの共通点は、、、「青森県」。
あぁ、あこがれの青森よ。
弘前城の桜、奥入瀬渓流、恐山、大間のマグロ、奇跡のリンゴ、津軽、元彼の出身地。その彼が電話でしゃべっていた大好きなあったかい津軽弁。
いまだに一回も足を踏み入れたことがないのに、青森は私にとって夢の故郷を絵にかいたようなところなのです。

ドクターは弘前大学出身で、大学の先生を中心に青森にゆかりのある方たちが集まってできたのがこの合奏団。
アマチュア合奏団ですが、でも、すごいですよ、その大学の先生は、元N響のヴィオラ奏者。そして、今日呼んだゲストソリストは現役のサイトウキネンオーケストラのメンバーです。
団員は皆さん、お医者さんだったり看護婦さんだったり、会社員とか別に仕事を持ちながら、練習を重ね、今日を迎えたというわけなのです。

そしてその演奏は、、、温かみのある素晴らしいものでした。最初は少し合わなかったところもあったけど、最後のほうは息がぴったりと合って、プロも舌を巻くほどの高いテクニックと情緒性。
仕事をしながらよくそこまで練習してきたなぁ、素晴らしいなぁと思いました。
プロじゃないからさらにきっといいんですよね。
いただいたプログラムには「大好きな青森県」「青森県への思い」「青森の雪景色」など団員さんの青森に対する言葉があふれててもう、うるうるしてしまいました。

私の主治医のドクターはコンサートマスターなのでヴァイオリニストです。
入院中、わたくし、二回鼻にパンパンに詰められたガーゼを抜きました。
まー、このガーゼを抜くのがこの一連の治療のハイライトといわれてまして、オペよりもビビりながら患者はこの時を待ちます。

一回目は、主治医ではない女医さんに抜かれまして。
感想は以前も書きましたが「鼻から大根を引っこ抜かれる」感じ。覚悟していた通りでした。
ふつうは一回で済むガーゼ抜きですが、自分の場合一回抜いた後、出血がひどくまたガーゼを詰められちゃったんですよ。
つーことは、再度ガーゼ抜きをしなきゃならないわけで、戦々恐々としておりました。
二回目のガーゼ抜きの日。
今回は、主治医のドクターが抜いてくれます。
ばりばりに緊張している私に、やさしーく、繊細に、ゆっくーり、丁寧に少しずつガーゼを慎重に抜いて行ってくれます。
前の女医さんがガーゼ抜きという行為を10という単位に分けて動作するとしたら、このドクターはたぶん10000くらいに細分化して仕事をしていると思う。
指がねものすごーくやわらかいんですよ。
そしてそれを使う神経もキンキンに研ぎ澄まされて集中も訓練されている感じ。
さすが、ヴァイオリニストだ。

この二回目のガーゼ抜きは全く痛くありませんでした。
終わった後、あまりにも一回目の女医さんとは異なるその繊細なお仕事っぷりに驚愕したあたくし、先生に指を見せていただきました。
繊細で美しい仕事をする「ヴァイオリニストの指」でございました。

もとからヴァイオリンの音が大好きな自分ですが(もちろんヴァイオリニストにもよりますが。べたーっとした演奏をする人は苦手)、その理由をつらつらと考えるに、やはりね、その、まー、なんというか、セクシーなんですよ、ヴァイオリンの音って。
ああ、この人ってこういう風に愛し合うんだろうなってなんとなく全部わかっちゃう。
って、勝手に思うわけです。きゃーっ。
音響的にも、人の歌声にいちばん近くて音自体の表現力はかなり豊かだと思います。

なんか話が変な方向へぶっ飛びましたが、仕事と、そして趣味(というべきかどうか)があって、それが秀でているって素晴らしいですね。
人柄の奥行とか、懐の深さをを感じます。
一見、全く関係ないようにみえても、奥深いところでつながっててたぶんその人を作っているのだろうなと、しみじみ思います。
音楽も、医術も人を癒し、高めますね。

さて自分はどうだろうか。そう問いかけてみた今日だったのでした。

今日の一冊

一瞬、津軽出身の太宰治にしようかと思いましたが、やっぱりこれ。
奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録
(2008/07)
石川 拓治

商品詳細を見る

NHKで放映されたものを本にしたそうです。私はTVのほうは見ていませんが、なにか日本人の、いや人間の原点みたいなものを感じました。
都会で暮らしていると、価値観が一様に収束しがちですが、この日本にはまだまだ他にもさまざまな生き方をしているひとがいて価値観があって暮らしがあるという、当たり前のことを思い出させてくれました。
スポンサーサイト



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.