Body & Soul
ヨガ、素潜り、フリーダイビング、スィム、ボディワーク、そしてちょっぴりアートな毎日。
201109<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201111
もよおすモノ
「催し物」じゃないですよ。
「もよおすモノ」です。
そしてあっち方面の話じゃなくて、こっち方面のお話です。なんのこっちゃ。

最近私は走ると「もよおし」ます。
もとから「もよおし」やすい体質ではあるのですが。。
ですので、ランニングコースにWCは必須です。それでホームコースも決めました。世田谷公園。

そぉいえば、以前は図書館でよく「もよおし」ていました。
あと、本屋さん。
その話をお昼を食べながら(!)したら、「ビデオ屋さん」説も浮上。
で、その場の結論は、「インクに何か入っている。もよおすモノが」。
何かの陰謀みたいですね。
そこにいる人を「もよおさせる」ことで何かメリットがあるのでしょうかね。

その他友人たちと話してた「もよおし」ポイント。
「デパート」。
うぅむ、わかります。なぜか行きたくなる。
昨今のデパートのそこってば居心地良くって。
家族で話してた実家の「もよおし」ポイント。
「納戸」。
北東の角にあり、少し冷え冷えとしてるので何か意味があるのかも。
○(家族関係の言葉が入ります。ばれると怒るから)は、「もよおしたい」時、そこでじっとしているそうです。うむ。

でも、多くの人に共通なのはやっぱり「図書館」&「本屋さん」でしょうかね。
インクメーカーの、ここに陰謀みたり。
スポンサーサイト



父が来た
今日、突然父がうちに来た。
ここに引っ越してからもうすぐ20年。
その中で初めて父が一人でやってきた。
いつも外出する時の帽子をかぶって。

自分は今さまざまな問題を抱えていて(問題を抱えていない人なんているのだろうか)、それを心配し、どんな生活をしているか知りたかったらしい。
父は昭和ヒトケタの80代。健康上の不具合も出てきていて大変だったろうに、母が同行するのを断り一人でやって来た。
普段はほとんど一人では外出しない父なのに。

二人でお茶を飲み、柿を剥いて食べ、ポツリポツリとしゃべり、小一時間で父はまた帽子をかぶり一人で帰って行った。
一時間半もかかる帰路を。

いままで何回か経験した大ピンチの時、いつも父と二人だけで話をした。
あと何回父と二人きりで話をすることが出来るだろう。
人生で何度とない、大事な大事なひと時だったと思う。
感謝。

乗り越えなければと思った。
強くなろう。ならなければ。
新北風

今朝はこの秋初めての北風。
空もずいぶんと高くなった。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.