Body & Soul
ヨガ、素潜り、フリーダイビング、スィム、ボディワーク、そしてちょっぴりアートな毎日。
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セーム

そぉいえば亡くなった祖母が、休みだからと言って毎日寝てばかりいると、眼が溶けちゃうんだよ。と言ってたのを思い出し、こりゃいかん。と、出かけたダイビングプールで、O氏曰わく、「セームにカビが生えちゃったよぅ」。

セームにはカビが生えるものなのです。
カビの生えていないセームは新品だけです。
万物霊生(字あってる?)、色即是空、すべてはうつり変わってゆくのです。
私も黒い点々(あえてここではそう言おう)の入ってないセームは持ってません。程度の差があるだけです。
そう言えば以前、プールサイドにおいといたセームが、私の泳いでいるあいだに新品のようになっていたことがあったわ。
何かのご褒美と思って、洗ってありがたく使わせていただいてます。

写真はわたくし所有のセーム三枚。
一番新しいはずのミズノスイムが一番点々が多いわ。「セーム」って「鹿革」のことですわよね。
それがどのようなご縁でこのような物の名前に。
コメント
この記事へのコメント
天然物は鹿皮、、、キョンが良いらしいです。

絞ってパキパキに乾かないように、小さなタッパー?に入れてますがカビは無いようです。
これから生える?
2010/08/16(月) 23:21:57 | URL | なべさん #-[ 編集]
以前はプラセームと言っていましたよね。
プラスティックセーム。

私が昔聞いた話では、車を拭くのにもともと使われていたのが、飛び込み選手が身体や飛び込み台を拭くのに使うようになって、競泳選手にも拡がったとか。
どこでセームからプラセームになったかはよくわかりませんが。。。
2010/08/16(月) 23:23:06 | URL | Ally #-[ 編集]
自動車用もずいぶん前からプラですな。
というか、本物のセーム皮って見たことないかも。

カビ対策、プールの水で洗ってからしまえば、塩素たっぷり入ってるから大丈夫なんじゃない?
2010/08/16(月) 23:37:19 | URL | sealion #PZwFECBc[ 編集]
お返事したり、しなかったりですみません。

なべさん
キョンてあのキョン?つぶらな瞳の??
というか、キョンは鹿でしたっけ?(そもそも論)
なべさんがカビを生やした事の無いのは、ケースに入れるからなのか、ケースに毎回入れるほどマメで綺麗好きだからなのか?
後者に一票。
アタシは、あのケース、一回も使った事がありません。だって蒸れちゃうじゃない?
と今日の今まで思ってました。
だからすぐに捨てちゃう。
でも、それがかび防止に役立ってたかも。

Allyさん
今MIZUNO SWIMのサイトをみたら、ポリエステルと、ビニロン製でした。
昔は鹿の皮を使ってたのかしら?
ところで、サイトにある黄色のセーム、可愛いですね。
使っている人見たこと無いんですが、欲しいな。
辰巳のダイビング台の上で、選手が飛び込む前にセームを下に落とすじゃないですか。
あれってかっこいいなぁといつも思ってました。

とどちゃま
鹿革は銀を磨くのに使うので、私も持ってます。
ほんとセームに似てます。
カビは、おっしゃるとおり、洗ってしまえばもうシミみたいなものと思うことにしています。目が悪いから見えないし。あは。
ただ別の意味で足を拭いたセームで身体を拭かないようにしています。
あ、同じカビだ。きゃー!
2010/08/17(火) 22:44:23 | URL | honyarara #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。