Body & Soul
ヨガ、素潜り、フリーダイビング、スィム、ボディワーク、そしてちょっぴりアートな毎日。
202104<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202106
ヨガ指導者って....。
08kamakura


風薫る五月です。それに合わせて壁紙も変えてみました。シズル感!
そうだ、鰹を食べなくてわ!あと、そら豆も!!

最近、「ヨガの指導者」について考えさせられる事がありました。
自分はヨガ歴3年ちょいほどですが、年齢はいっているので、職業方面の相談を受ける事があります。
先日は、「自分はヨガ始めたばかりなのだけど、インストラクターになりたい。ティ-チャーズトレーニング(以後TT)ってどう思う?」と言う内容の、年下の仕事関係の知り合い(フリーランス)からの相談。
うむ、難しいですね。なぜ、人が割とあこがれる今の仕事をしてる彼女が、ヨガのインストラクターを仕事としてやりたいと思ったのか聞いてみました。

私はTTを受けた事がありませんしインストラクターを目指したこともないのですが、少し興味があったのでTTについて調べてみました。
彼女が受けようと思ってたのはここ
私のつたない知識から言うと、全米ヨガアライアンスって、それまでの宗教色の強い少し怪しげなイメージのあったヨガ指導者養成を、宗教色を極力取り去って、より体系的でシステマチックなインストラクター育成メソッドを作って、ヨガ教師を認定する仕組みづくりをしたんですよね。
その試み自体は悪くないと思います。アメリカ生まれのパワーヨガ、ハリウッドヨガなど宗教色を取り去ることでより多くの人が、ヨガの恩恵を受ける事が出来たとおもいますし、何よりもインストラクターを目指す人に道を拓いた意義は大きかったと思います。結果それによって街に多くのヨガスタジオが出来、多くの人がヨガを気軽に体験できるようになりました。
でもね、やっぱりヨガの指導者って、運転免許とか、ダイビングインストラクターとかMBAとかとまったく違うと思うんだよなあ。
そもそもヨガを教えるのに「何か」に(自分の師匠は別)「認定」される必要があるのか?!とさえ思ってしまう。ま、気持ちはわからないでもありません。人は安心とか権威とかを求めるものだから。

話は彼女に戻ります。
「なぜヨガインストラクターになりたいの?」
「好きなヨガを仕事にしたいから。」

うぅむむむむ・・・・
果たしてヨガのインストラクターって職業として「目指す」ものなのでしょうか?
後先が逆な気がしてならないのです。
例えば私が生徒で、ヨガの先生を選ぶのだったら、きっと「TT修了」の先生は選ばない気がします。

資本主義の世の中です。何でもお金で買えます。ヨガインストラクターの資格さえもね。トレーニングを修了しさえすれば。
でもそれってやっぱりとても大事な事をすっ飛ばしているような気がしてならねぇのです。
生徒である自分は、インストラクターである前にプラクティショナー(修行する人)であるヨギに学びたいと思う。その人のプラクティスする姿勢から生徒は多くのものを学ぶのだと思う。見ていればそのインストラクターがどのように日ごろヨガに取り組んでいるかは何となくわかります。インストラクターも生徒から常に見られているのです。
*この場合、インストラクターがアサナを「上手に」するかしないかは関係ありません。アサナをしない、とても尊敬できるヨガの指導者もいます。

それでも、ヨガのすごいところは、そんなきっかけでヨガの教師を始めた人でも、続けていくうちに(以前も書きましたが)遅かれ早かれヨガの深い部分に触れていくと言うことです。
あることに気づき、その時に何を考え、どう自分の道を選びなおすか。そしてそこから何を学んでいくか。それが大事な気がします。

そう考えると、「ヨガインストラクター」という「職業」も、長いヨガ人生では決して無駄ではない有意義な出来事なのかもしれません。無駄なことなんて何一つないのだから。

相談してくれた彼女のヨガ人生に大きな幸と喜びがあることを祈ってやみません。


写真は、こないだの鎌倉。森林浴~
コメント
この記事へのコメント
No title
インストラクターって言うと「教則本読んでくれる人」ってイメージですね(笑)
スポーツでも音楽でも「チョッと始めてみたい」的な人を入り口まで案内してくれるって感じ?
そっから先の自ら「学ぶ」んだり「修行」したりは別の世界かな?やっぱり。

何でも人生かけて突き詰めていくとそれが仕事になる道が開けるって言うか、仕事にせざるをえなくなる?って気がします。
また、安易に好きな事を仕事にするより、やってる仕事を好きになったほうが得る物はずっと大きいんじゃないかな?とも、、、
2008/05/04(日) 00:41:17 | URL | なべさん #-[ 編集]
No title
問題は相談されている方がヨガのインストラクターにあこがれているのか、ヨガの素晴らしさをみんなに伝えたい思っているかのように思えます。
後者であれば良いのですが、前者だとインストラクターになっている自分に酔っているだけに思えます。
ヨガインストラクターになったところでまた別の職業につきたいと言いそうに思えます。
文章を読んでの想像なので言い過ぎてたらごめんなさい。
2008/05/04(日) 22:46:25 | URL | にっしぃ #-[ 編集]
No title
そらまめのスープ、美味しかったよ。豆乳で作るの。

こないだね、ヨガの歌?を聞いたのだけど、すごーい・・・気持ちよかったの。

歌った後に。チーン・・・って。
2008/05/05(月) 00:11:27 | URL | Ulala #-[ 編集]
はじめの一歩から!?
まぁ、その人が少しでも前に進むんだったら、えぇんでない?

遠まわりだったり、途中で終わったりするかもしれんが、
扉の前に立ち&扉を開けようとしてるのなら、ガンバレ!

扉を開いて入らないと始まらないから。
その後からでも、いろいろ考え行動して
もっと先に進めれば、いぃいと思ふョ。

まだ、遠い先まで考えが及ばなかったり
ほにゃちゃんには、見えているものでも
その人には、見えていないものがあって
もどかすぃ、と思いますが‥

※相変わらず、ながーいコメでゴメンm(__)m
2008/05/05(月) 00:59:24 | URL | TERU-NKYM #-[ 編集]
No title
なべさん
自分の中では、ヨガを始めて2~3年くらいで何を伝えられるのだろう?と思うのです。
アサナ?身体の柔らかい人はたくさんいます。知り合いのヨガインストラクターは元ダンサーで3ヶ月でほとんどのアサナを「見た限りでは」マスターしたそう。
でもその上で彼女が「何も伝えられない」とおもった時、始まったんだそうです。
おっしゃるとおり、なべさんの仕事、ヨガの指導者とかもですが、「目指す」ものではなく、結果として「なる」ものなのだと自分は思います。
その差を大事にしたいと思う。

にっしぃ
彼女はとても努力家の人で、今の仕事もそうやって手に入れた。尊敬。
>憧れか、伝えたいか
多分、両方な気がする。
でも、そもそも、ヨガインストラクター=指導者は職業なのだろうか??
ってぇ根源的な問いに戻ってみたり。

うらら
そら豆、この世の中で好きな食べ物の5つのうちに入るほど好き。
今しか食べられない所も、なお良いよね。
>ヨガの歌?
ガヤトリマントラ?かな?
脳のある部分に作用する気がするよ。
多分何千年も経て経験的にわかって作られてると思うな。
チーン

てるちゃん
いつもありがとう。真摯なコメント嬉しいです。

うん、それもこれも全部経験なんだよね。わかる。
彼女は足を踏み出すと思う。
そして私が、色んなことを言うこともわかった上で相談してきたんだと思う。
そして、その問いを受けた私も実は自分のヨガに対する姿勢を問われてるのだと思う。
感謝だよね。







2008/05/05(月) 23:29:44 | URL | honyarara #-[ 編集]
No title
honyaさんに相談した彼女の気持ち、凄く良くわかります。
私もヨガをはじめて2ヶ月もしないうちに、インストラクターになりたい!資格が欲しい!って思いましたもの。
その当時私が習っていたものは、フィットネス・ヨーガなんですけどね。

でも何か直感的に「ヨガはきっと心と体にいいものだ!皆に教えてあげたい!」って思ったんですよね。
今もその気持ちは変わっていません。職業にするかしないかは別として、いつか誰かにヨガの素晴らしさを伝えたいと思っています。

その前にまずは、自分がヨガを学んでいかなければ・・・
今はヨガの奥深さを垣間見てしまったので、人に勧める事すら出来ずにいますよ。
恐るべしヨーガ(笑)

あ、私も昨日そら豆食べました。
昔はあの「豆っぽい味」が苦手だったんですが、旬なものって本当に美味しいのですね。
すっかり私もそら豆好きになってしまいました。
2008/05/08(木) 12:51:56 | URL | uki #-[ 編集]
No title
ヨガはやればやるほど、その奥深さに愕然とする。そして感謝。な感じかな。

うまく言えないのだけど、ちゃんと自分の中に、教えることと、稽古することの関係性っていうのか、解決する事のない矛盾をしっかり自覚してる人は、指導者として尊敬できるような気がします。
こういう場合の謙虚さってとても大事だと思う。
あ、でも世の中的な考えとは少し違うかも知れないな。
2008/05/09(金) 21:34:53 | URL | honyarara #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.