Body & Soul
ヨガ、素潜り、フリーダイビング、スィム、ボディワーク、そしてちょっぴりアートな毎日。
201804<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201806
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピラティス!
そういえば、ヨガをしなくなってどれくらいたつのだろう。とこないだふと思いました。
もう忘れてしまうくらい以前のような気がします。
ヨガをしなくなった理由、考えれば色々ありますが、まずは腰痛。
最後のほうは、ヨガをするたびに腰痛になっていました。
ある程度経験を積んで、アサナの強度(?)が上がってきたのに、身体の使い方がわかっていなかったんでしょうね。

そんなことでヨガから遠ざかってはや何年。
でもやっぱりスタビライゼーション的なボディワークをしたくて、先日FBにも書きましたが、2月からピラティススタジオに通い始めました。
始めて最初は「地味な筋トレ」と言うイメージだったピラティス、まだ半月と少しですが、これがなかなかよくできているエクササイズなのだということが最近少しづつわかってきました。

まず呼吸。
ピラティスではすべての呼吸は胸式呼吸で行います。
アシュタンガヨガでいうところの「ウジャイー呼吸」=お腹を引き上げ会陰を締め薄いお腹を保ったまま胸郭を広げ「スースー」と音を立てて呼吸をする。
ピラティスも同じです。
腹横筋を使う呼吸なのですよね。
お腹を薄くしたまま動く。これはフィントレーニングのコーチにも口を酸っぱくして言われていました。
ランニングコーチにも同じことを言う方がいます。
腹横筋を使うことのメリットは、腰を護ることなのですよね。
理にかなっています。
腹直筋でないことに注目です。

そして動き。
コブラ、ダウンドッグ、やさしい賢者のポーズ…。
明らかにヨガから影響を受けている。
そのどれもがコアに効く動きなのです。

ピラティス、始める前はなんか今時の「おされなエクササイズ」とたかをくくっていましたけど(で始めたばかりのころは「地味」)なかなかやるじゃん、と言う感じです。

今、私の受けているクラスは「マットグループレッスン」というものですが、本来ピラティスはトレーナーと1対1で学ぶものなのだそうです。
その際正しいアライメントを保つため独特のマシーンを使います。
今通っているスタジオの別フロアにそのマシンが並んでて、プライベートレッスンを受けている生徒さんを見ていると、なんか科学的とか思ったりして。
私もそのうちプライベートレッスンを受けるつもりです。
その時どんな気付きがあるのでしょうかね。楽しみです。

basi

写真はスタジオの窓から見える目黒川の桜並木。
今日のような寒い日を経てこそ桜は咲くのですね。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。